どんな学校があるのか

人気の高いフィリピン留学。留学先の学校にはどのようなものがあるかを調べてみました。
フィリピン国内にある学校を比較。マンツーマンスタイルやスパルタスタイルなどさまざまな特色をもつ学校を紹介しています。

フィリピン留学で通える学校

Global Standard English Language School(GS)

Global Standard English Language Schoolの画像

フィリピンでも比較的治安がいいといわれるクラーク特別区内にある学校。まだ日本人にはあまり知られていない学校で、日本人の留学率は低いものの、日本語の通じるスタッフが在籍しているため、安心して通うことができます。セミスパルタ方式の授業を採用しており、英語力の底上げをするにはもってこいの学校といえるでしょう。

FEA / Firstwellness English Academy

FEA / Firstwellness English Academyの画像

3つ星ホテルの中に学校と寮があり、ホテル内と同等のサービスを受けることができます。韓国資本ではありますが、日本人向けのサービスを目指した学校なので、リゾート気分を満喫しながら、しっかりと英会話を重視した内容の授業を受けることができるでしょう。

フィリンター / Philinter Center for English Language

Global Standard English Language Schoolの画像

フィリピンから近い位置にマクタン島にある学校。生徒が英語の勉強に集中して取り組めるカリキュラムを提供してくれます。TOEIC、TELTSといった検定に特化したコース、実践的なビジネス英会話を学べるコースなど、さまざまな選択コースの中から、自分の希望にもっとも合ったコースを選ぶことができます

フィリピンで留学した人の口コミ

  • 8月は留学生が多く、受け入れてくれるかが不安でしたが、無事に留学することができました。テキストに不備があったりしましたが(笑)、授業では丁寧にフォローをしてくれたのでまったく気になりませんでした
  • 親子で留学。日本人がほとんで、小学校低学年の子どもはすぐに友人をつくることができました。先生も飽きないように授業を行ってくれたので集中して勉強することができました
  • 大変有意義な留学生活を送ることができました。韓国資本の学校でしたが、特にトラブルなどもなく簡単に友人になることができました。自分で授業を自由にアレンジすることもでき、英語のレベルが上がったと実感できます

フィリピンには、大きく分けて韓国資本と日本人経営の語学学校があります。ですが、両者に関しては特に大きな違いがあるというわけではありません。

あえて、違いを挙げてみると、韓国系の学校は決められたカリキュラムに沿って授業が行われる。日本経営の場合には、希望する科目に組み換え、オールマイティに応えてくれる。留学の前には、このポイントも考慮に入れ、じっくりと比べてみるといいでしょう。