必要な費用

日本もグローバル化が進み、留学を希望する人たちは増加傾向にあります。しかし、留学をして英語力を身につけたいと考えても、立ちはだかってしまうのは費用の問題。
このページでは、語学留学の本場といわれているアメリカと、近年、人気が高まっているフィリピン留学にかかる費用を比較し、格安で留学をするために必要なポイントもくわしく解説していきます。

フィリピン留学とアメリカ留学はどっちの費用が格安か?

行ってみたい語学留学先を聞けば「アメリカ!」と答える方も多いのではないでしょうか?
しかし、実際の留学希望者の間では、昔ほど語学留学=アメリカという人ばかりではありません。その理由として真っ先に挙るのはやはり「費用」です。

それでは、語学留学でアメリカとフィリピンに行った場合、どのくらい費用に差が出るのか比較してみましょう。

4週間の留学でかかる費用(学費、入学金、滞在費など留学に必要な経費の総計)

  • アメリカ/2,200ドル (約264,000円)
  • フィリピン/1,500ドル (約180,000円)

※1ドル=120円とした場合

あくまでも平均ですが、アメリカ留学に比べてフィリピンに留学する方が3割も格安になるのです。ここに食費や遊興費なども加算すると、物価が安いフィリピンの方がさらにお得になります。

例として、世界展開するハンバーガーチェーンの価格を比較してみると、日本を100とした場合、アメリカが115、フィリピンは80程度になります。食品も日本の半分~10分の1の価格で売られており、フィリピンならあらゆる出費が安く抑えられるのです。

フィリピンで留学した人の口コミ

  • 悩んだ末に、やはり費用の安いフィリピン留学を選びました。滞在には個室を選びましたが、それでも4週間で11万円と破格の安さでした
  • 留学費用の安さもフィリピンを選んだ理由ですが、物価の安さも魅力的でした。何と、タクシーの初乗りが40ペソ(約80円)。料理屋さんでお腹いっぱい食べても500ペソ(約1,000円)ほどでした
  • 物価が安く、生活費は1か月30,000円もあれば楽しんで生活することができます。もちろん、使い方にもよりますが……

口コミにもある通り、フィリピン留学に行った人も物価の安さに驚いたようです。さらに、30日以内の語学留学でかかるビザ代は、アメリカでは20,000円近くかかりますが、フィリピンでは無料です。