フィリピン留学おすすめエリア紹介

都市部やリゾート地区、勉強に特化した学園都市など、多彩なフィリピンの留学先を紹介します。

目的や好みに合わせた留学先選びを

セブ海岸

フィリピンは7,000以上の島から構成されている島国で、面積は日本のおよそ8割ほどだといわれています。

特に人気が高い留学先といわれているのがビーチリゾート。中でも、世界的なリゾートスポットとしても知られるセブ島は、首都であるマニラに次ぐ都市で、昼はゴルフ場やスパ施設にマリンスポーツ、夜はカジノやバーなど、さまざまな娯楽施設が集まっています。観光やバカンスを兼ねた語学留学先としても人気を集めています。

そんなにぎやかなと都市部とは対照的に、クラーク経済特別区では閑静な住宅街で静かな時間を過ごすことができます。勉強に集中したい人にはおススメの街です。

ダバオシティは昔から日本との結びつきが強い街です。日系人が多く日本企業の支社もあるので、日本人向けの店も多く、快適な生活を送ることができるはずです。

フィリピンと言えば治安が多少気になるところですが、残念ながらあまりいいとはいえません。しかし、駐フィリピン日本国大使館によれば、過去に日本人留学生が重大な被害に遭遇したという記録はなく、通常の留学生活を送っている限り、トラブルなどに巻き込まれる可能性はきわめて低いということです。

危険な場所を事前に把握して、必要がない限り夜遅くに出かけないなど、留学に関するルールを遵守していれば、快適な環境で安全に留学生活を送ることができます。